まちなかコンサート in リズモ大泉学園 ’15-11-14

 今年4月に練馬区大泉学園駅前にオープンしたばかりの「リズモ大泉学園」にやってきました。
 練馬区文化振興会様より「まちなかコンサート」の音響をご依頼いただき、入念に会場の下見もしてきました。

 IMG_0784

 ここは「大泉アニメゲート」という、大泉学園駅とリズモを結ぶペデストリアンデッキ。アニメの街・練馬らしく、東映アニメのキャラクターたちが並びます。
 













 ご存じ「うる星やつら」のラムちゃんと、「銀河鉄道999」の鉄郎とメーテル。

 なぜ練馬が「アニメの街」かというと、まず日本初のカラー長編アニメ映画「白蛇伝」が制作されたのが、練馬区の東映撮影所だったこと。また多くのアニメスタジオが集まり、東映の他、「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「あしたのジョー」などの名作アニメを生み出した虫プロダクションも練馬区富士見台にあるからなんです。

 それから松本零士さん、ちばてつやさんといった漫画家さんたちもたくさん住んでらっしゃいます。また故・石ノ森章太郎さんも練馬区民でいらして、庭に仮面ライダーがたたずむお宅を拝見したこともあります。

 さて、本題。

 s-IMG_1172
 
 リズモの一階の吹き抜けホールで行なわれた「まちなかコンサート」。レオンジャパンプロは電子ピアノ、マイク、スピーカーの設置と、音響操作を行ないました。

 s-IMG_1175

 エスカレータ脇の小さなスペースでしたが、予想外のお客様が集まり大盛況でした。

 ソプラノ歌手の宮崎晶子さんは東京藝術大学卒業の声楽家。数々のオペラで演じてこられた方ですが、今回はオペラにあまり馴染みのない方でも楽しめるようにと、「マイフェアレディ」の「踊り明かそう」や、童謡「あわて床屋」「小さい秋みつけた」、「となりのトトロ」メドレーなどをまじえながら10曲を歌われました。

 オペラは「わたしのお父さん」一曲のみ。私は仕事であることを忘れ、宮崎さんの素敵な歌声に聞き惚れてしまいました。10曲じゃ物足りない、もっともっとオペラの曲を聞きたい!! と思いました。

 たくさんのお客様が立ち見をしてまで聞いておられ、宮崎さんの歌を聴けたお客様は本当にラッキーだったと思います。

 練馬区文化振興会さまは毎月一回、練馬区役所のロビーで「アトリウムコンサート」も開催しており、お金を払わなくても良質なクラシックを楽しむことができます。区民の方も区民じゃない方も無料で毎月プロ芸術家の演奏や歌を聴くことができるんですよ。もちろん、ホールでの有料演奏会も開かれています。

 アニメだけじゃない、練馬区ってとても文化的なところですね。
 


 

まちなかコンサート in リズモ大泉学園 ’15-11-14」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。