ももクロ「桃神祭2016」“わんぱく”外周パークイベントステージ

 ももクロコンサート外周ステージ1

 今日は横浜市にある日産スタジアムのステージです。

 ももいろクローバーZの「桃神祭2016」にあわせて開催された外周パーク「わんぱくテシマジマランド」のイベントステージを設置させていただきました。

 img_nissan_st2

 バックを解放しているので風通しも景観もよく、ステージ越しに土手をお散歩する人の姿も垣間見え、とってものどかな雰囲気。

 向こう側はサッカーの練習グラウンドで、ときどき横浜マリノスが練習するそうです。
 
 それにしても、ももクロ人気は凄いですね。
 私の周辺の人々が赤、黄色、青など原色を身にまとっており、まるで信号機に囲まれているかのようです。

 こちらは「強がりセンセーション」の皆さん。こんなに暑いなか激しく踊って歌って、さすがに若い! 素晴らしい!
 


   (画像はLINE Liveのキャプチャです)

 さて突然ですが、ここで女子プロレスの時間となりました。

 img_prowres4

  レオンジャパンプロのステージから女子プロレス団体「スターダム」の選手さんたちが登場し、特別に設置されたリングに上がっていきます。

 img_prowres1

 おおお・・・かっこいいではないですか!

 img_prowres3

 オーストラリア出身の美しきレスラー、トニー・ストーム選手。

 img_prowres2

 生まれて初めて、プロレスを生で観ました。いやー面白いっ!
 最後は全員がリングに上がり、仲良く歌いだすという謎の展開に目が点になりましたが、面白いのなんの。

 私が子どもの頃はビューティペア絶頂期で、友だちがジャッキー佐藤さんの熱烈ファンでした。その時もそうだったけど、現在に至るまでプロレスのどこがどう面白いのか今ひとつ理解できないでおりましたが、生で観て目からウロコっ!! 

 殴ったり蹴ったりするときに微妙に外す匠の技。対戦選手の体めがけて飛び降りる時の膝の寸止め具合。
 すべてが秀逸でした。

 だけど痛くないかって言うと、絶対痛い思いをしながらやってると思うんですよね。背中からマットに落ちてるし、肩だって衝撃を受けてるでしょう。
 それに対戦相手と呼吸が合っていないと怪我をするはず。

 これは相当、練習してます。
 そして、悪役レスラーとの深い信頼関係がないとできないことです。

 プロレスなんてやらせじゃん、お芝居じゃん、と今まで馬鹿にしていた自分に反省!
 情熱を注いで作り上げる壮絶なバトル、それが女子プロレスなんですね。

 それで次の日はリングのすぐ側でかぶりつきの観戦をしてしまいました。
 ここからは私の画像です。今まではLINE Liveのキャプチャ画像を使わせていただきました。

 img_prowres7

 これです、これ!↑ コーナーから飛び降りるやつ、見たかったのです!
 すっごーい。この勢いで選手の体めがけて飛び降りて、お互い怪我をしないのだからさすがです。

 img_prowres5

 こちらは七星アリスちゃん。負けて悔しがりながら去っていく様子がいたいけでした。
 ファンから「よくやった!」の声援が飛びます。

 アリスちゃんはなんと2001年まれの15歳。まだ中学生です。

 2001年生まれですって、皆さん。
 なんか私、めまいがします。2001年生まれ・・・_ρ(_ _;)


 こちらはアリスちゃんのTwitterから転載。
 Twitterのつぶやきを拝見するに、やはり腰を痛めたようですね。若いとはいえ、やはりムリは禁物です。
 長く続けられるようお体を大切にしながら頑張ってほしいです。

 さて。
 
 プロレスも見終わったことだし、そろそろ帰ろ~。
 と歩き出した私の目はガリガリ君ブースに釘付け。

 img_prowres8 

 なんとももクロメンバーのカラーに合わせた味のガリガリ君とな。
 どーしよーかなー。並んでるしなー。
 でも暑いし、熱中症で具合悪くなっても困るから、買っちゃおう♪ と、自分に言い訳しながらイチゴ味をゲット~♪

 img_prowres9

 ということで、ガリガリ君イチゴ味を味わいなら家路につきました。
 って何しに来たんだ、お前は。という声が聞こえてきそうですが。

 今日はサイトづくりに欠かせない写真撮影ということで。この日のステージがレオンジャパンプロのトップ画像を飾っております。
 ぜひぜひご覧下さい。

 参考サイト:ももクロ桃神祭2016